【ブログを始めるなら今がお得】ドメイン永久無料+初期費用0円!詳細はこちら

Rinkerの代替えツールおすすめを5つ紹介【全て無料です】

Rinkerの代替えを探してる人

Rinkerを代替できるツールが知りたい。たまにエラーが出たりするし、いい感じのツールがあるなら乗り換えようと思ってます。

こんな悩みがある方に向けての記事です。

特徴やメリット・デメリットも書いてます!
この記事に書いてあること
  • Rinkerの代替ツール5つ

この記事を書いてる僕は、ブログ歴1年9ヶ月の副業ブロガーです。

過去にRinkerを使ってましたが、今は記事内で紹介してる「Pochipp(ポチップ)」を使用中。

今回はRinkerの代替えになるツールを5つ紹介してます。

わかりやすいように、先にまとめておきますね。

Rinkerの代替えツール5つ

  1. Pochipp(ポチップ)
  2. かんたんリンク
  3. MyLinkBox
  4. カエレバ・ヨメレバ
  5. カッテネ

上記の5つです。

中でもおすすめはポチップでして、理由はRinkerと同じように使えて、Rinkerより使いやすいからですね。

これまでRiknerで作った商品リンクもワンクリックでポチップに変換できるので、移行は10分もあれば終わりますよ。

とはいえ、他にも代替えツールはあるので、いろいろ見てから検討したい方は本文をご覧ください。

各ツールの特徴やメリット・デメリットを解説してるので、いい感じのツールが見つかると思いますよ。

ぽりけん

では、前置きはこのへんにして、2分で読める本文をどうぞ!

タップできる目次

Rinkerの代替えツールおすすめ5つ

Rinkerの代替えツールおすすめ5つ
Rinkerの代替えツールおすすめ5つ

記事冒頭でも書いたとおり、おすすめツールは次の5つです。

Rinkerの代替えツール5つ

  1. Pochipp(ポチップ)
  2. かんたんリンク
  3. MyLinkBox
  4. カエレバ・ヨメレバ
  5. カッテネ

どれもRinkerと同じく無料です。

1つずつ特徴を簡潔に書きつつ、メリット・デメリットを紹介していくので、気になるツールを使ってみてくださいね。

Pochipp(ポチップ)

ポチップとはRinkerと同じ、Amazonや楽天の商品リンクをサクッと作れる無料プラグインです。

ぽりけん

僕も絶賛、愛用中です。

2021年にひろさん(@hiro_develop127)が開発したプラグインでして、後発ながら圧倒的な使いやすさで、あっという間に人気プラグインの仲間入りをしました。

¥1,650 (2021/09/09 17:58時点 | Amazon調べ)

上記がポチップで作った商品リンクになります。

ぽりけん

Rinkerと似てるし、見た目も良い感じですよね。

このあとまだツールの紹介が続くのですが、いきなりで申し訳ないですが、もうポチップで決めていいと思いますよw

上記がポチップの使い方でして、簡単ですよね。

Rinkerと同じく投稿画面で作業が完結できるのはポチップだけだし、そのRinkerより使いやすいときたら、迷う必要ないと思います。

本音を書くと、代替えどうこうじゃなくて「普通にポチップ使ったほうがいいよ」なレベルです。

ポチップを使うメリットは次のとおり。

ポチップのメリット

  • ブロックエディターに最適化されていて、Rinkerより簡単に使える
  • プレビューを見ながらデザインのカスタマイズができる
  • ボタン上の文章(マイクロコピー)が簡単に設置できる
  • Rinkerの設定や商品リンクをワンクリックでポチップに変換できる
  • Amazonアソシエイトに合格してなくても、Amazon検索できる

上記のようなメリットがあります。

ぽりけん

デメリットは…特にないですね。

Rinkerでできることは、ポチップでもできるので、代替えはポチップで決まりです。

ポチップの設定や使い方は下記記事で詳しく書いてるので、チェックしてみてください。

かんたんリンク

かんたんリンクはもしもアフィリエイトが提供してる商品リンク作成ツールです。

プラグインではないので、インストール不要で使えます。

上記がかんたんリンクで作った商品リンクになります。

かんたんリンクの特徴は名前のとおり、もしもアフィリエイトに登録していれば難しい設定不要でかんたんに使えることですね。

Rinkerを設定した時に登録してれば、今すぐ使い始めることができて便利ですよ。

もしまだ登録してないなら、下記を参考に登録しておいてください。

かんたんリンクを使うメリットは次のとおり。

かんたんリンクのメリット

  • 報酬をもしもアフィリエイト1つでまとめて管理できる
  • 設定項目が少ないので、わかりやすい
  • 商品画像が複数掲載できる
  • プラグインが増えない

複数の商品画像が掲載できるので、読者にとっては見やすいですね。

またカスタマイズしなくても、見た目もキレイ。

いっぽうデメリットは下記のとおりです。

かんたんリンクのデメリット

  • HTMLコードを記載するため、見づらくなる
  • デザインのカスタマイズが難しい
  • 商品管理機能がない

Rinkerのように投稿画面から商品リンクの設置ができないので、ページを行ったり来たりする手間がかかるのがデメリット。

HTMLコードで設置するので、下記のように投稿画面だと見づらくなるし、何の商品リンクかわからないです。

かんたんリンクのHTMLコード

かんたんリンクのHTMLコード
かんたんリンクのHTMLコード

これ以上プラグインを増やしたく人には、もしもアフィリエイトのかんたんリンクがオススメですね。

>> かんたんリンクを使う

MyLinkBox

MyLinkBoxはバリューコマースが提供してる商品リンク作成ツールです。

上記がMyLinkBoxで作った商品リンクになります。

MyLinkBoxの特徴は、Amazonや楽天に加えて、セブンネットやLOHACOのリンクが設置できること。

読者によって使うネットショッピングが違うので、選択肢が多いのは読者目線に立つと嬉しいですね。

さらに商品だけに限らず下記のようなVODのサービスリンクも作ることができます。

MyLinkBoxを使うメリットは下記のとおりです。

MyLinkBoxのメリット

  • 設置できるリンクが多い
  • 商品以外のリンクも設置できる
  • 商品画像やリンクURLを細かく設定できる
  • 商品リンクのコードが短くてシンプル

MyLinkBox1つ1つ細かく設定できるので、自分好みの商品リンクが作れますね。

また商品リンクのコードが1行と短いので、投稿画面がスッキリするのもいい感じです。

<div data-vc_mylinkbox_id="○○○○○○"></div>

デメリットは次のとおり。

MyLinkBoxのメリット

  • デザインのカスタマイズが難しい
  • 設定項目が多くて、手間がかかる
  • 設定など手動で入力しないといけないので、時間がかかる

画像とかリンクURLとか、いちいち手動で入力しないといけないのが面倒だったりします。

Amazonや楽天以外に、色んなリンクを設置したいなら、MyLinkBoxを使いましょう。

>> MyLinkBoxを使う

カエレバ・ヨメレバ

カエレバはかん吉さんが開発した、商品リンクを設置できる無料ツール。

そしてヨメレバを書籍に特化したものがカエレバです。

上記がカエレバで作った商品リンクになります。

カエレバ・ヨメレバの特徴は使い方やカスタマイズ方法が多いことです。

商品リンク設置ツールとして歴史のある大ベテランのツールだからですね。

[カエレバ カスタマイズ]などでググると記事の多さがわかると思いますよ。

>> [カエレバ カスタマイズ]での検索結果を見る

カエレバ・ヨメレバを使うメリットは次のとおり。

カエレバ・ヨメレバのメリット

  • 使い方やカスタマイズ方法が多い

先ほど書いたとおりですね。

カスタマイズ方法の豊富さは群を抜いて多いです。

デメリットは下記のとおりです。

カエレバ・ヨメレバのデメリット

  • HTMLコードを記載するため、見づらくなる
  • カスタマイズしないと見た目がよくない
  • 商品と書籍でサービスがわかれる

もしもアフィリエイトと同じで、HTMLコードなので見づらいです。

カエレバ・ヨメレバのHTMLコード

カエレバ・ヨメレバのHTMLコード
カエレバ・ヨメレバのHTMLコード

また、素のままではお世辞にもキレイと言えないので、カスタマイズは必須ですね。

色んなカスタマイズを楽しみたいなら、カエレバ・ヨメレバを使ってみてください。

>> カエレバを使う

カッテネ

カッテネはたいさんが開発した無料プラグインです。

カッテネで作った商品リンク
カッテネで作った商品リンク

上記がカッテネで作った商品リンクとなります。

カッテネの特徴は、各リンクを自由に設定できること。

ボタンのリンク先も自由に設定できるし、並び順も自由に変更できるので、カスタマイズの幅が広いです。

ボタンも影があって、押したくなるデザインなのもいい感じですね。

カッテネを使うメリットは下記のとおり。

カッテネのメリット

  • カスタマイズの自由度が高い

先ほど書いたとおりで、自由度の高さがカッテネのメリットです。

デメリットは次です。

カッテネのデメリット

  • HTMLコードを記載するため、見づらくなる
  • 自由度が高いぶん、設定することが多くなる
  • 商品リンクの作成に時間がかかる

カッテネは商品リンクを作るたびに、タイトルや画像などをイチから設定しないといけません。

具体的には下記を商品リンクごとに設定する必要があります。

カッテネの商品リンク設定

[kattene]
{
"image": "【画像URL】",
"title": "【タイトル】",
"description": "【説明】",
"sites": [
{
"color": "orange",
"url": "【メインのURL】",
"label": "Amazon",
"main": "true"
},
{
"color": "blue",
"url": "【商品のURL】",
"label": "Kindle"
},
{
"color": "red",
"url": "【商品のURL】",
"label": "楽天"
},
{
"color": "green",
"url": "【商品のURL】",
"label": "楽天Kobo"
},
{
"color": "pink",
"url": "【商品のURL】",
"label": "audiobook"
}
]
}
[/kattene]

1つの商品リンクごとに手動入力しないといけません。

正直、毎回この作業は心折れちゃいますね…。

細かくこだわりたいなら、カッテネを使いましょう。

>> カッテネを使う

まとめ:Rinkerの代替えツールを使って、スムーズにブログ運営しよう!

Rinkerの代替えツールを使って、スムーズにブログ運営しよう!
Rinkerの代替えツールを使って、スムーズにブログ運営しよう!

今回はRinkerの代替えになるツールを5つ紹介してきました。

ざーっとまとめますね。

Rinkerの代替ツール5つ

  1. Pochipp(ポチップ)
  2. かんたんリンク
  3. MyLinkBox
  4. カエレバ・ヨメレバ
  5. カッテネ

5つあるけど、ポチップが抜群に使いやすいので、とりあえずポチップ試してみてください。

設定方法や使い方は下記にまとめてます。

プラグインが増えるのがイヤなら、もしもアフィリエイトのかんたんリンクがオススメです。

もしもアフィリエイトに登録してれば今すぐ使い始めることができるので、登録がまだでしたら下記よりどうぞ。

ということで、今回は以上です。

代替ツールをうまく活用してスムーズなブログ運営をしてくださいね。

他にWordPressおすすめプラグインは下記にまとめてるので、チェックしてみてください。

それじゃあ、また!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

メンションつきでシェアしてくれると、歓喜のリツイートします。
タップできる目次
閉じる