【ブログを始めるなら今がお得】12ヶ月以上の契約で利用料金が実質半額 + ドメイン永久無料詳細はこちら

【最新版】安心して使い回しできるWordPress有料テーマ8選

賢くブログ運営したい人

WordPressで使い回しができる有料テーマが知りたい。現在ブログを運営していて、今後、別でブログを立ち上げた時に、使い回しできる有料テーマを選んだほうが節約になるし。あと、注意点とかあれば知りたいです。

こういった悩みを解決してます。

安心して使えるテーマを紹介してます。
この記事に書かれてるコト
  • 安心して使い回しできるWordPress有料テーマ8選
  • 有料テーマの使い回しについて知っておくべきこと
  • 有料テーマを選ぶ時のポイント5つ

この記事を書いてる僕は、現在ブログ歴1年11ヶ月。

これまで、COCOON → JIN → AFFINGER5 → SWELL(現在)と、有料・無料あわせて4つのテーマを使ってきました。

今回は複数ブログで『安心して使い回しができるWordPress有料テーマ』を紹介してます。

使い回しNGのテーマの場合、罰金などペナルティーがあるので要注意。

実際に使ってるテーマを含め、8つの有料テーマを紹介してまして、どのテーマも人気はもちろん、SEO対策済みで、正式に使い回しOK。

ぽりけん

サッと導入できて、簡単にブログ運営がいい感じになりますよ。

とはいえ、テーマ選びは目的ではなく、より良いブログ運営の手段なので、テーマ選びに3時間使ってた…とならないようにしましょう。

それでは、2分34秒で読める内容なので、サクッと本文をどうぞ。

まだブログを作ってないなら、【初心者も120%失敗しない】WordPressブログの始め方をわかりやすく解説の記事を参考にして、超カンタンに自分のブログが作れますよ。

タップできる目次

安心して使い回しできるWordPress有料テーマ8選

安心して使い回しできるWordPress有料テーマ5選

数あるWordPressテーマの中から、使い回しができる有料テーマは次の5つ。

使い回しOKの有料テーマ8つ

スクロールできます
テーマ名価格(税込)おすすめ度特徴
SWELL17,600円初心者から上級者まで万能に使えるテーマ。使い心地は頭2つぐらい抜けるほど快適です。
AFFINGER614,800円アフィリエイト特化テーマなので、ある程度経験値が高い人におすすめ。
THE THOR16,280円デザインもよく、操作性も良く、バランスの良いテーマを求める人向け。
SANGO11,000円デザインを求めつつ、心地の良いサイトにしたい人にピッタリ。
JIN14,800円柔らかい雰囲気のサイトでアフィリエイトがしたい人向け。
Snow Monkey16,500円 / 毎年ブログ型やサイト型などいろんな形のサイトを作りたい人向け。
賢威27,280円思いっきりSEOしたい人向け。
Diver17,980円細かくカスタマイズにこだわりたい人向け。

1つずつ解説していきます。

と、その前に上記のテーマを選出した基準を書いておきますね。

今回紹介してるテーマを選んだ基準

  • 個人で複数サイトで使ってOK
  • 個人ブログに人気のテーマ
  • デザインがオシャレ
  • SEO対策がしやすい
  • SEO内部対策済み

使い回しができることを含め、良いテーマの条件は上記の5つだと個人的に思ってます。

なので、上記の基準に沿って今回紹介するテーマを選んでいます。

①:SWELL(当ブログの使用テーマ)

スクロールできます
テーマ名SWELL(スウェル)
制作元株式会社LOOS
価格17,600円(税込)
おすすめ度
再ダウンロード◎ ※会員ページからいつでも可能

1つ目は株式会社LOOSの了さんが開発してる有料テーマ『SWELL』です。

100%GPLなので、所有するサイトで使い回しはもちろん、作成代行もできるのが特徴です。

新エディタのGutenberg(グーテンベルク)に”完全”対応しており、エディタの使い勝手は、別格。

ほかのテーマに比べると少し高めですが、価格以上の価値があるテーマです。

ぽりけん

「おすすめのテーマを1つだけ紹介すると?」と聞かれたら、0.5秒でSWELLだと答えますね。

下記動画のように、エディター画面で見たまま編集できるので、プレビュー画面を編集してるイメージ。

とにかくサクサク執筆できます。

エディターの使用動画

上記動画のとおり、簡単にサクサク編集できます。

ぽりけん

あまりの快適さに2020年10月にAFFINGER5から完全に乗り換えました。おかげで、執筆作業が快適すぎです。

効率よくライティングできること以外に、カスタマイズも簡単なので、使える時間が少ない副業ブロガーにオススメ。

特にブログ歴が浅いなら、迷わず使えるので失敗しません。

一ヶ月で3回アップデートされることもあり、購入後も安心して使い続けれますよ。

別テーマからの乗り換えサポート専用プラグインもあり、どこまでも親切なテーマですよ。

>> SWELLをテーマにする
※クリックすると公式サイトに移動します。

SWELLについて詳しく知りたいなら、下記記事で解説してるのでチェックしてみてください。

②:AFFINGER6

スクロールできます
テーマ名AFFINGER6(アフィンガー6)
制作元株式会社オンスピード
価格14,800円(税込)
おすすめ度
再ダウンロード※購入より14日間だけ可能

2つ目は株式会社オンスピードの有料テーマ『AFFINGER6』です。

アフィリエイト特化テーマとして作られており、使用ユーザーも多く、人気のテーマ。

SEO対策がしやすく、アフィリエイトボタンや広告設置機能が充実しており、収益機能はもちろん、デザインのカスタマイズ性も高いです。

広告設置する位置はPCやスマホで分けることができ、50箇所以上選べるほど。

細かく設定できるゆえに、設定数が多くなるので中級者以上の、アフィリエイトに全集中という方にオススメのテーマです。

アフィリエイトに超特化できて、アフィリエイターにも人気です。

>> AFFINER6をテーマにする
※クリックすると公式サイトに移動します。

③:THE THOR

スクロールできます
テーマ名THE THOR(ザ・トール)
制作元フィット株式会社
価格16,280円(税込)
おすすめ度
再ダウンロード※購入より14日間だけ可能

3つ目はフィット株式会社の有料テーマ『THE THOR』です。

デザイン性、操作性など、シンプルで誰にでも使いやすいテーマ。

デザイナー、SEOコンサル、アフィリエイター、ブロガーといった開発陣のノウハウが「これでもかっ!」というほど注ぎ込まれてます。

ぽちぽちボタンをクリックするだけでおしゃれにカスタマイズできたり、タグ管理機能で広告をまとめて管理できたりと、使える機能満載。

デザインも収益も、全部捨てがたい!と、バランス求める人にピッタリなテーマです。

ブログ作成に自信がないなら「らくらくセーバーセットプラン」で全部おまかせすることもできますよ。

» THE THORをテーマにする
※クリックすると公式サイトに移動します。

④:SANGO

スクロールできます
テーマ名SANGO(サンゴ)
制作元フィット株式会社
価格11,000円(税込)
おすすめ度
再ダウンロード※購入ページからいつでも可能

4つ目はブログ開設1年で200万PV/月を超えたサルワカさんの『SANGO』です。

見てるだけで心地よさすら感じる、きれいなフラットデザインが特徴。

マテリアルデザインを採用しており、読者の「居心地の良さ」を追求して作られてます。

見出しやボタン、ボックスなど30種類以上のデザインがショートコード1つで簡単に使えるので、読者だけでなく、使う側の心地よさも考えられてますね。

サイトの見た目で差別化しつつ、心地の良いサイトにしたい方におすすめ。

SANGOが9,900円で導入できるConoha WINGとのコラボを使えばさらにお得。

>> SANGOをテーマにする
※クリックすると公式ページに移動します。

⑤:JIN

⑤:JIN
スクロールできます
テーマ名JIN(ジン)
制作元株式会社CrossPiece
価格14,800円(税込)
おすすめ度
再ダウンロード※公式ページからいつでも可能

5つ目は株式会社CrossPieceの有料テーマ『JIN』です。

アフィリエイターのひつじさんが「このテーマは過保護すぎる」と言ってるほど、簡単に使えるテーマ。

記事作成に役立つパーツが豊富に揃っており、広告ボタンやランキング作成といった、アフィリエイトに必須機能がたくさん用意されてます。

柔らかい雰囲気のブログを作りつつ、しっかり収益を出したい人にピッタリですね。

僕もVODブログでJINを使い200記事以上、書き続けてきました。

購入後は専用フォーラムで相談もできるので、14,800円で安心が手に入るテーマですよ。

>> JINをテーマにする
※クリックすると公式サイトに移動します。

⑥:Snow Monkey

Snow Monkey
スクロールできます
テーマ名Snow Monkey(スノーモンキー)
制作元株式会社モンキーレンチ
価格16,500円(税込)/ 毎年
おすすめ度
再ダウンロード※公式ページからいつでも可能

6つ目は株式会社モンキーレンチの『Snow Monkey』です。

公式サイトに「どんな味付けにも染まる」と書いてるとおり、カスタマイズ次第で、いろんな形のサイトが作れます。

Snow Monkey Blocksという独自プラグインを使えば、約30種類以上の独自ブロックを難しい操作不要で使えるようになります。

16,500円の年払いのサブスクで、ブログ型からサイト型まで幅広く活用できますよ。

>> Snow Monkeyをテーマにする
※クリックすると公式サイトに移動します。

⑦:賢威

賢威
スクロールできます
テーマ名賢威(ケンイ)
制作元株式会社ウェブライダー
価格27,280円(税込)
おすすめ度
再ダウンロード※専用ページからいつでも可能

7つ目は株式会社ウェブライダーの『賢威』です。

株式会社ウェブライダーといえば「沈黙のWebライティング」や「沈黙のWebマーケティング」といった有名書籍を出版したりSEOコンサルで実績のある会社です。

そんなウェブライダーがこれまで培ったノウハウを詰め込んだテーマが賢威なんですね。

27,280円とテーマの中では高額ですが、その分、実績のあるSEOノウハウが詰まっているので、思いっきりSEO対策したい人にはオススメです。

>> 賢威をテーマにする
※クリックすると公式サイトに移動します。

⑧:Diver

Diver
スクロールできます
テーマ名Diver(ダイバー)
制作元高木 貴人
価格17,980円(税込)
おすすめ度
再ダウンロード※購入より14日間だけ可能

8つ目は高木 貴人さんの『Diver』です。

一言で書くとハイスペックなテーマで、細かくカスタマイズできるのに、ハイクオリティなサイトに仕上がります。

プラグイン不要で特定記事にパスワード設定できたりと、いろんな便利機能が標準搭載されてます。

幅広くカスタマイズしたい方は、Diverなら満足できますよ。

>> Diverをテーマにする
※クリックすると公式サイトに移動します。

有料テーマの使い回しについて注意すべきこと

有料テーマの使い回しについて注意すべきこと
  • 全ての有料テーマが使い回しOKじゃない
  • 使い回せる範囲はテーマによって違う
  • 再ダウンロードができないテーマもある

上記の3つあります。それぞれ解説していきますね。

全ての有料テーマが使い回しOKじゃない

有料テーマによっては、テーマを購入しても1つのサイトでしか利用できないテーマもあります。

なぜなら、テーマごとにライセンスが違うからですね。

例えばSWELLは公式サイトに書かれてるとおりで、複数サイトOKです。

複数のサイトでも使えるの?

はい、使えます。SWELLは100%GPLテーマなので、使用に関する制限などは一切ございません。

SWELLに関するよくある質問

いっぽう、OPENCAGEで発売されてる、人気テーマのスワロー ストーク は複数サイトNGです。

公式サイトにも下記のように「1回の購入で1サイト」でしか使えないと記載されてます。

1回の購入で1サイトにご利用可能です。

OPENCAGE ご利用規約

有料テーマだからといって、全て使い回しができるわけじゃないので、要注意です。

自分の使ってるテーマの利用規約をしっかり読んでおきましょう。

使い回せる範囲について

使い回せる範囲は「購入者(個人 or 法人)の所有サイト」に限ります。

サイト作成を代行する場合は、サイトの所有者分だけテーマを購入する or 特別ライセンス契約が必要だからですね。

公式ページにも、しっかり記載されてます。

所有されていない方のサイト制作を代行する場合は例え管理者が同一でもサイトの所有者分のテーマ及びプラグインを購入頂く必要があります。

「サイトの所有者 = 購入ユーザー」 が原則です。2者のサイト作成を行う場合は2つ、3者の場合は3つご購入下さい(サイト管理代行者が自身のアカウントにて使用数分まとめて購入しても問題ありません)

※サイト管理代行者が同一テンプレートを使い回すのはライセンス違反です

(※当サイトの商品(WordPressテーマ及びプラグイン)を正規の方法で購入せずに使用した場合は10,000円/日の使用料を請求いたします。)

AFFINGER5「よくある質問」ページより

特別ライセンスは、HP製作会社(個人事業主・フリーランスなども含む)が「クライアントなど第三者に対するHP制作業務」を可能にするライセンスです。

THE THOR公式ページより

簡潔に書くと、自分のサイトで使い回すなら問題ないけど、作成代行する時などはサイト所有者に別途テーマを購入してもらってください!ということです。

AFFINGERの販売サイトでも注意喚起されてるように、違反な使い回しは不正使用になるので規約を守り、正しくテーマを活用しましょう。

だたし、SWELLのような100%GPLのテーマは1つの購入で作成代行してもOKです。

ちなみに、最初に紹介した「使い回しOKの有料テーマ」は全て、購入者(個人 or 法人)の所有サイトなら使い回しできるテーマなので、安心してお使いください。

再ダウンロードできないテーマもある

テーマによっては購入後であっても、期限切れで再ダウンロードができないこともあるので要注意。

AFFINGER5やTHE THORはインフォトップで発売されており、公式サイトにもしっかり記載されてます。

商品ダウンロードの有効期限は14日です。期限後の再配布は行っておりませんので御注意下さい

インフォトップ

再ダウンロードしようとしても、下記画像のように「期限切れ」になってしまいます。

テーマによっては会員ページからいつでも再ダウンロード可能なパターンもあります。

ぽりけん

SWELLJINなどのテーマはいつでも再ダウンロード可能です。

購入後でも期限が過ぎると再ダウンロードできないテーマもあるので、購入時のテーマファイルはしっかり保存しておきましょう。

有料テーマを選ぶ時のポイント5つ

有料テーマを選ぶ時のポイント3つ
  • ①:好みのデザインで選ぶ
  • ②:トラブルに強いテーマを選ぶ
  • ③:SEO対策がしやすいテーマを選ぶ
  • ④:しっかりアップデートしてくれるテーマを選ぶ
  • ⑤:再ダウンロードできるテーマを選ぶ

テーマを選ぶ時のポイントを5つ紹介していきます。

あくまでポイントなので、無視してOKですが、テーマ選びに失敗したくないなら参考にしてみてください。

その①:好みのデザインで選ぶ

好みのデザインで決めるのは、けっこう大事。

今回紹介してる5つのテーマを含め、テーマ性能に天と地ほどの差はないからです。

それと、好きなデザインでブログ書けると、モチベアップにつながりますね。

お気に入りの服をきるとテンション上がったり、ランニングシューズ履いたら気合が入る感じ。新しいMacやiPhoneに買い替えた時も同じですね。

ぽりけん

テーマデザインとエディタの書き心地に惹かれてSWELLに乗り換えて、ブログ作業がはかどりまくってます。

「好き」はモチベに直結して、普段のブログライフに大きく影響するので、好みのデザインで選ぶの大事です。

その②:トラブルに強いテーマを選ぶ

トラブル時にググって情報が見つかりやすい、サポートフォーラムで問題解決できるテーマを選びましょう。

有料テーマは、簡単にカスタマイズできますが、たまーに「こんな場合どうしたらいいの?」といった疑問や、わからないことが出てくるからですね。

例えばこんな時…どうする?
  • 見出しの色が変わらない
  • 画像が出てこなくなった
  • 設定画面が出てこない

上記みたいなトラブル時はどうしますか?

ググって解決方法が見つかりやすいテーマ、専用フォーラムが用意されてるテーマは、トラブル時も安心して使えます。

以外と見落としがちだけどココは超重要なポイントです。

その③:SEO対策済みの選ぶ

SEO対策が完了してるテーマを選ぶこと。

むしろSEO対策してないテーマは使ってはダメです。

ブログ運用していく中で、テーマ選びだけで検索結果に差が出るからですね。

検索結果に差が出るということは、売上にも収益にも直結するってこと。

  • SEO内部対策
  • 表示速度の高速化
  • パンくずリスト機能
  • ディスクリプション設定

上記のようにSEO対策されてるテーマを選びましょう。

今回紹介してる5つのテーマは全て対策済みです。

その④:しっかりアップデートしてくれるテーマを選ぶ

テーマを選ぶ時にアップデート頻度を見るのも大事です。

なぜなら、アップデートすることはしっかりしたメンテナンスに繋がり、ユーザーの使い心地に影響するからですね。

例えばアップデートでは、

  • バグの修正
  • 機能の追加
  • 最新のWordPressへの調整

といったことが行われるので、アップデートがない(少ない)と、長い間、不具合が放置されたりします。

またWordPress本体の進化に対応しないことで不具合が生じるかもしれません。

なので、少なくとも2ヶ月に1回はアップデートされてるテーマを選びましょう。

[テーマ名 アップデート情報]でググると、各テーマのアップデート情報を調べることができます。

その⑤:再ダウンロードできるテーマを選ぶ

テーマを使い回す前提で考えるなら、再ダウンロードできるテーマを選ぶほうが安心です。

理由はシンプルに、テーマファイルを削除してしまっても安心だからですね。

例えば新しいブログを作ろうと思った時に、再ダウンロード期限が切れていて、テーマファイルを削除してしまってたら、もう一度購入するしかありません。

ぽりけん

こうなったら、金銭ダメージはもちろん、精神ダメージもかなり喰らいますよ…。

だけど、いつでも再ダウンロード可能なテーマだと、何の問題もありませんね。

新しいブログを作るときって、少し先の話なので、再ダウンロードできることはむちゃくちゃ大切です。

もし再ダウンロードできないテーマを選ぶなら、テーマファイルをしっかり保存しておきましょう。

まとめ:安心して使い回しできる有料テーマで、賢くブログ運用しよう!

まとめ:安心して使い回しできる有料テーマで、賢くブログ運用しよう!

今回は『安心して使い回しできるWordPress有料テーマ』を紹介してきました。
ざーっとまとめます。

スクロールできます
テーマ名価格(税込)おすすめ度特徴
SWELL17,600円初心者から上級者まで万能に使えるテーマ。使い心地は頭2つぐらい抜けるほど快適です。
AFFINGER614,800円アフィリエイト特化テーマなので、ある程度経験値が高い人におすすめ。
THE THOR16,280円デザインもよく、操作性も良く、バランスの良いテーマを求める人向け。
SANGO11,000円デザインを求めつつ、心地の良いサイトにしたい人にピッタリ。
JIN14,800円柔らかい雰囲気のサイトでアフィリエイトがしたい人向け。
Snow Monkey16,500円 / 毎年ブログ型やサイト型などいろんな形のサイトを作りたい人向け。
賢威27,280円思いっきりSEOしたい人向け。
Diver17,980円細かくカスタマイズにこだわりたい人向け。

こんな感じですね。

上記テーマはすべて自分の所有サイトなら、いくつでも使い回しOKなので、安心して使って節約しながら賢くブログ運営できますね。

くれぐれもサイト作成代行するなら特別ライセンスの購入が必要です。そして、使い回しができないテーマは規約違反になるのでご注意を。

記事の最初にも書きましたが、テーマ選びが目的になって、時間ばかり消耗しないようにしましょう。

テーマも大事ですが、コンテンツ(記事)はもっと大事なので、テーマ選びはほどほどにして、読者のために手を動かしてくださいね。

それでは、今回は以上です。

ぽりけん

自分にピッタリのテーマを、複数ブログで使って、最高のブログライフを送りましょう!

そして、ブログで結果を出すにはテーマ選びも大事ですが、ツール選びも大事です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

メンションつきでシェアしてくれると、歓喜のリツイートします。
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる